h's blog

備忘録とか勉強とか

Docker+Jenkinsで簡単に回線速度テストを定期実行

f:id:hiro0164:20180216025451p:plain

ネットの回線速度が異常に遅い時があるので、定期的に回線速度をテスト、記録するdockerコンテナを作成。

一時的なものなので、jenkinsで定期的にテストする形としています。

1. 以下の2ファイルを同じフォルダに入れて、docker-compose build && docker-compose up -dでコンテナ起動。
  • docker-compose.yml
  • Dockerfile

メイン利用のjenkinsと衝突しないようにポートはデフォルトからずらしてあります。

2. ブラウザから起動したjenkinsにアクセス

表示に従って初期設定。スピードテストのみの利用ならプラグインは追加しなくてもOK。

3. 新規ジョブ追加
date +"%Y/%m/%d %p %I:%M:%S"
speedtest
  • 定期実行する場合は、ビルド・トリガの定期的に実行をチェックしてスケジュールを追加
H * * * *

まとめ

以上で、定期的に回線速度のテストが実行されます。 記録は各ビルドのコンソール出力から確認できます。

グラフ表示とかあると便利かと思いますが、一時的なチェック用なので、ご勘弁を(*´ω`)

1時間おきに定期実行したところ、16時と20時が異常に遅く、時間帯としては16時から23時ぐらいまでが遅めの結果となりました。 昼間が遅いかと思っていましたが、転送量が大きそうなゲームや動画なんかで夜の方が回線速度が遅いのかもしれません。

補足

更新時はgithubにpushする予定なので、最新版は以下のページで確認してください。 github.com

参考サイト